小松市の美容院、美容室 セレンディピティ【Serendipity】個室、ヘアケア、育毛

BLOG

なぜ市販のシャンプーは傷むの??

皆さんは、市販のシャンプーと美容室専売品のシャンプーのどちらを使用していますか? 市販のシャンプーを使っていると、髪が傷むということはよく耳にしますよね。 なぜ髪を洗うだけなのに、髪が傷んでしまうのでしょうか?? 今回は、なぜ市販のシャンプーで洗うと髪を傷めてしまうのか紹介していきます。 !市販のシャンプーの成分! なぜ市販のシャンプーが髪を傷めてしまうのかというと、内容成分に問題があります。特に市販のシャンプーは、洗浄力が強いということが髪に影響を与えると言われています。 市販のシャンプーの洗浄力というのは何かというと、「洗浄剤」と呼ばれるものです。 「洗浄剤」は、台所用の洗剤にも配合されています。 洗浄剤は、油汚れまでも根こそぎ落としてくれる成分です。 そんなギトギトの油汚れまでも落とせる成分で、大切な頭皮や髪を洗ってしまっているのです。 当店で扱っているCOTAのシャンプーは 自分の髪質に合わせて30通りの中から 1番あったものをつかうことによって 綺麗な髪が持続されます! ヘアケア商品たくさんあつかっておりますので 是非つかってみてください!

serendipity 記事URL

忙しくなる年末にヘッドスパはいかがですか?

11月に入り年末に向けてどんどん忙しくなりますね! 当店のヘッドスパはされた事ありますか? 個室でゆっくり40分のマッサージをさせて頂きます。ヘッドスパの効果は嬉しい事だらけです! ヘッドスパで効果があるとされているものは ・ボリュームアップ ヘッドスパにより皮脂を落としてベタつきをなくし、血行促進を促します。皮脂を落としたことによりその後に付ける頭皮用美容液の浸透を良くさせ元気な髪を育てます。 ・頭皮環境 痒み、ベタつき、臭い、頭皮の荒れなど様々な悩みがあります。毎日のシャンプーでは落とせない毛穴の奥の汚れが原因だったりします。それをヘッドスパではクレンジング効果があるので解消出来ます!ご希望の方は頭皮の状態も見れます! ・リフトアップ フェイスラインのたるみやほうれい線のシワ… この原因は頭皮とつながっている顔の皮膚が重力により下がっていることです。頭皮が凝り固まっていると顔の筋肉を引き上げることが出来なくなってしまいます。なので顔のケアばかりに集中しても頭の上から引き上げなければすぐ効果を失ってしまいます。ヘッドスパをして凝り固まった頭皮を柔らかくほぐしてあげて、頭頂部、頭頂部へとリフトアップしてあげましょう! ・疲労 皆さまお疲れですよね?パソコン仕事、携帯、家事など普段の生活を送っているだけでも疲れてしまいます。それを頭皮にあるたくさんのツボを押して、ほぐしてあげて、そして頭にあるリンパを流すことによって疲労回復の効果があるのです! ・アンチエイジング 髪がパサつく、顔色が良くない。こういった状態は血行不良によることが大きいです。頭皮をマッサージすることにより血行促進

serendipity 記事URL

ドライヤーの寿命

ドライヤーの平均寿命は3年~4年 メーカーや種類によって異なりますが、ドライヤーの平均寿命はおよそ「3年~4年」になります。4年以上経過しているドライヤーは買い替えのチャンスです。なぜ家電の中でも短い寿命になるドライヤーは3年~4年しか利用できないのでしょうか。理由は、ドライヤーの心臓部分が関係しています。 ドライヤーには熱風を起こすための“心臓部分”となるモーターがついているものです。モーターの消耗期間がおよそ3年~4年になります。モーターは使えば使うほど消耗するでしょう。よって、使用頻度が多い人ほど寿命も短くなるのです。以上のように、ドライヤーの買い替えは「3年~4年」が目安だと頭の中に入れてください

serendipity 記事URL

今までにない手触りを

当店で自信を持ってお勧めさせていただく、髪質改善ストレートエステを是非一度体験してみてください! 「ずっと触っていたい」「髪がキレイだねと言われた」など、お客様のお喜びのお声を沢山、頂いております! ナチュラルで柔らかな、透明感のあるストレートスタイルに♪ 普段、気になるクセやうねりなどのお悩みから解放されませんか?

serendipity 記事URL

どうしてヘアケアが必要なのか

どうしてヘアケアが大切なの? 角化した細胞、つまり死んだ細胞でできているということは、髪の毛は繊維でできた衣服と同じようなものです。 もし、洋服を外に吊るしっぱなしにした場合、どうなるでしょうか? 雨風や日差し、ホコリなどにさらされて、すぐに傷んでしまいますね。保管するときも注意が必要です。 同じように、美しい髪をキープするためには、毎日の地道なお手入れが何より大切なのです。

serendipity 記事URL

ご予約・お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

Copyright by Serendipity All right reserved.